リーマン予想の誕生|リーマン予想の研究

リーマン予想の誕生

数学史上最大の難問と恐れられ、2009年、問題発表からちょうど150年を迎えるのがリーマン予想です。

 

リーマン予想はドイツの数学者ベルンハルト・リーマンによって予言された問題です。
リーマンは当初、素数には規則性はなく、ある確率でしか求められないという考え方をしていました。

 

 

このため、ある一定の確率の中で出現するような式を考案しました。これは、ユークリッド以来の言葉で
証明しようとする、数論のまったく逆説的な近代的な数学の証明の手法を用いています。

 

この予想のすばらしさは、素数の分布について、ある程度の素数の法則性を大まかに捉えることで、
素数全体について解析してしまおうという手法を取っていることなのです。

 

 

r005

 

 

 

しかし、「予想」とは、そうであろう、とリーマンが考えただけであり、
この問題も現在まで約150年間も解かれない不敗の問題となってしまいました。
素数の法則性を証明しようとする壁は非常に高いのです。

リーマン予想の誕生の関連記事

リーマン予想の誕生
数学史上最大の難問とされるリーマン予想はどのようにして誕生したのか?をご説明します。
リーマン予想の証明の失敗
多くの天才数学者たちがリーマン予想の証明に挑戦しましたが失敗しています。
リーマン予想の証明へ
リーマン予想を証明するにはどうすればいいのか?それについて解説します。
リーマン予想と物理とのつながり
リーマン予想と物理とのつながりについて解説します。
リーマン予想がもたらすもの
リーマン予想がもたらすものとは一体何のか?それは数学界の革命であり、人類最大の英知。
リーマン予想の証明伝説
リーマン予想の証明伝説として、禁断の問題とする風潮が広まった時期がありました。

人気のプリントTシャツ工房「幸服屋さん」。只今スーパーセール中!

幸服屋さん

 

 

ご意見・ご感想をお待ちしています。
お問合せ

 

 


テーマ: リーマン予想とは懸賞金について素数と規則性素数の謎素数の実用素数の研究

 

 

△トップペーに戻る

株式会社ユニティラボ


Copyright (C) 2009 リーマン予想の研究 All Rights Reserved.

リーマン予想の研究

数学史上最大の難問とされるリーマン予想はどのようにして誕生したのか?をご説明します。