変わった素数|リーマン予想の研究

変わった素数

世の中の数字は、素数を多く利用した例があります。
かつて数学には、2進法、10進法のほかに7進法、20進法などという学問がありました。

 

 

2進法と7進法はお互い素数という共通性がありますが、7進法は非常に実用性のうえでは困難な数なのです。なぜなら、定量的に図ろうとするとき、数はそのまま真理として存在しますが、10進法を使うか7進法を使うかで、表記に不便さが現れてしまうからです。

 

 

たとえば、7進法の場合で20という数を示そうと思うと、

 

26 という表記になります。

 

これは、十の位が7で繰り上がるため、すぐに数を定量的に図ることが出来ないためです。
このように、実は2以外の素数は実際には使い勝手が悪いのです。

 

 

また、最も奇妙な素数の中には

 

{10の(1975乗)×1991991991991991991991991991}+1

 

という巨大素数があります。

 

 

これを発見した人はハーヴェイ・ダブナーという人で1991年に発見したそうです。199の繰り返しが9回もあるんですね。私はもちろん、これは偶然だと思いますが、素数には非常に変わった性質や伝説が多数残されています。

変わった素数の関連記事

素数とは何か?
素数とは何か?一般的に知られている見解から深く掘り下げて解説します。
変わった素数
素数には巨大素数といった変わった素数が存在しています。
素数の謎の解明へ
素数の謎の解明は、ユークリッド以来、世界の数学者が取り組んできたテーマでした。

人気のプリントTシャツ工房「幸服屋さん」。只今スーパーセール中!

幸服屋さん

 

 

ご意見・ご感想をお待ちしています。
お問合せ

 

 


テーマ: リーマン予想とは懸賞金について素数と規則性素数の謎素数の実用素数の研究

 

 

△トップペーに戻る

株式会社ユニティラボ


Copyright (C) 2009 リーマン予想の研究 All Rights Reserved.

リーマン予想の研究

素数には巨大素数といった変わった素数が存在しています。