画期的な素数研究の成果|リーマン予想の研究

画期的な素数研究の成果

6-5

※20年以上も続けている素数関連の資料

 

 

素数の画期的な研究の成果は、20世紀に入り、主だったものを挙げるとするならば、
私は一つしかないと考えています。

 

nから2nの間に必ず一つは素数が存在する

 

という、非常に漠然とした定義です。

 

 

これはベルトランの仮説もしくはチェビシェフの定理と呼ばれるものです。しかし、これによって、ある程度素数分布について大まかな方針が定まったといってよいでしょう。これはリーマン予想を説く上で非常に重要な要素を含んでいると考えています。

 

 

しかし、我々はそれ以上の進展がなかなか進まないのです。もし、リーマン予想を解くような画期的な発見があるとしたら、現在の方法とは違う、画期的なアプローチが必要だといわれています。それは、固定観念を持っている数学者や私のような長年の研究者よりもまっさらな数学を楽しむ心を持った人のほうが、より真理に近づけるかも知れません。

画期的な素数研究の成果の関連記事

素数に関する研究機関
リーマン予想については世界中の数学者が証明しようと一度は取り組んだであろうテーマなのです。
素数の研究目的
素数の研究目的とは、「数の原子」ともいえる素数、および数列の謎を解き明かすこと。
私と素数との出会い
私が数に興味を持ったのは7歳頃。掛け算99が始まりでした。そして・・・
素数に関する20年に及ぶ研究
素数の研究を20年。ただの1日も素数の研究をしなかった日はありません。
画期的な素数研究の成果
素数研究の成果として「nから2nの間に必ず一つは素数が存在する」という定義。
リーマン予想回答へ
「素数には波のような性質がある」がリーマン予想の回答かもしれない。

人気のプリントTシャツ工房「幸服屋さん」。只今スーパーセール中!

幸服屋さん

 

 

ご意見・ご感想をお待ちしています。
お問合せ

 

 


テーマ: リーマン予想とは懸賞金について素数と規則性素数の謎素数の実用素数の研究

 

 

△トップペーに戻る

株式会社ユニティラボ


Copyright (C) 2009 リーマン予想の研究 All Rights Reserved.

リーマン予想の研究

素数研究の成果として「nから2nの間に必ず一つは素数が存在する」という定義。