素数に関する研究機関|リーマン予想の研究

素数に関する研究機関

r011
写真説明:かつて第二次世界大戦でタイプライターに数字の「キー」を利用して改造したドイツの暗号機「エニグマ」は世界最高水準の暗号機として連合軍を苦しめた。

 

 

素数の研究機関は世界中にありますが、もっとも盛んなのはやはり大学などの研究機関でしょう。リーマン予想については世界中の数学者が証明しようと一度は取り組んだであろうテーマであり、世界会議が行われているほど、リーマン予想の証明は近年、非常に活発化しています。

 

 

また、素数については、クレジットカードなどでの暗号で利用されていることからも、企業が巨大素数を管理し、商業ベースに利用していることもあります。こうなると、企業でも素数の研究は必要となり、素数の応用によって暗号としての商品化しているとも言えます。

 

 

また、素数や整数論は非常に問題が明瞭で、一見するとアマチュア数学者でも取り組めることから、私を含め多くの人がこれらの問題に取り組んでいることも事実です。有名なフェルマーの最終定理は非常に問題がシンプルだったことから、世界中の数学マニアが挑戦していましたが、色々な人のアイディアが集まり、最終的には背理法によって
とかれました。

 

 

もしかしたら、世界中の数学者が自身のうちに隠している
リーマン予想の研究をオープンにすれば証明される可能性もあるのです。

素数に関する研究機関の関連記事

素数に関する研究機関
リーマン予想については世界中の数学者が証明しようと一度は取り組んだであろうテーマなのです。
素数の研究目的
素数の研究目的とは、「数の原子」ともいえる素数、および数列の謎を解き明かすこと。
私と素数との出会い
私が数に興味を持ったのは7歳頃。掛け算99が始まりでした。そして・・・
素数に関する20年に及ぶ研究
素数の研究を20年。ただの1日も素数の研究をしなかった日はありません。
画期的な素数研究の成果
素数研究の成果として「nから2nの間に必ず一つは素数が存在する」という定義。
リーマン予想回答へ
「素数には波のような性質がある」がリーマン予想の回答かもしれない。

人気のプリントTシャツ工房「幸服屋さん」。只今スーパーセール中!

幸服屋さん

 

 

ご意見・ご感想をお待ちしています。
お問合せ

 

 


テーマ: リーマン予想とは懸賞金について素数と規則性素数の謎素数の実用素数の研究

 

 

△トップペーに戻る

株式会社ユニティラボ


Copyright (C) 2009 リーマン予想の研究 All Rights Reserved.

リーマン予想の研究

リーマン予想については世界中の数学者が証明しようと一度は取り組んだであろうテーマなのです。