素数の実用|リーマン予想の研究

リーマン予想の研究

世界的な研究テーマ「リーマン予想」。ジャーナリストである私が20年以上研究し続けきたリーマン予想に関する思考を公開します。

素数の実用性

素数の実用性とは?

素数は現在、非常に実用的なところで活用されています。

 

もっとも身近な例でいえば、時計、コンピュータの2進法、暗号理論などがあります。これは素数と合成数に間にある規則性に注目し、活用しようということなのです。

 

 

このような素数の実用性は、実はわれわれの身近なところで活用されています。数の原子とも言われる素数を知ることは、我々の実生活で使われている数学全般を理解するうえで非常に役立ちます。

 

素数の実用性は、そのほかにも非常に多岐にわたっており、私たちが数字に触れない日がないように、
素数の恩恵にあずかっていない日はないと言っても過言ではないでしょう。

素数の実用に関連する記事

実用的に使われる素数
実はわれわれの現代社会は数の原子ともいうべき素数という概念を元にしたうえで数学が成り立っていることが数多くあります。その中の一つには、実用性の高いものとして20世紀、第二次世界大戦中に開発されたコンピュータがあります。コンピュータの原理は現在ではだれしもが知っている各言語を基にしたプログラムから成り立っていますが、それを支える方法に2進法があります。2進法は素数の2に注目した画期的な素数の応用です。なぜなら数を考えるうえで、重要なことは、どれだけの数字記号を持ちいることで数を表現するかという概念...
なじみ深い素数
我々は素数についてなじみ深い素数やそうでない素数を明らかに本能的に分類しています。なじみ深い素数は1から10の間の素数であり、7はちょっと不便なのですが、ラッキー7という言葉で表された例や、聖書で「神は7日間で世界を作った」などの伝説があるため、神秘深い数になっています。しかしながら、2,3,5から7を比べたとき、明らかに実用には乏しく、時計は60進法になっているのは、この時間を等分するときに非常に便利に定量的に測定するために2,3,5の素数を組み合わせた数になっています。ここでは7以降の素数は...
嫌われる素数
逆に嫌われている素数もあります。もっとも有名なのは「13」で13日の金曜日など、不幸の象徴とされてしまうことがあります。これは素数がほかの数で割り切れず、ある程度大きな数なため、直感的に奇妙な数と理解されるからかも知れません。実際、素数は大きなると奇数に分類される中でも割り切れないため、なんとなく嫌われていたり、見慣れない数字のために避けられている傾向があります。また、実用的な面から見ても、割り切れない素数は明らかに割り切れる合成数より実用の世界から嫌われてしまいます。たとえば、1997円の商品...
素数の実用的価値
※素数は数の基本理念であり、身近なモノに使われている素数は非常に実用性の高い数です。それは、小さな素数には非常に密接に規則性があるように見えても、大きくなるとリーマン予想のような大まかな素数分布でしか図ることが出来ず、数学者の中にさえ「規則性はない」と言い切ってしまう人がいるからです。しかし、時計、日付、お金、トランプ、コンピュータなどでは素数と合成数の法則をうまく利用して、我々の実用に取り入れています。実用で特に便利だと感じるのは、素数の数が小さい数字をうまく、合成数にして割り切れるように扱っ...

人気のプリントTシャツ工房「幸服屋さん」。只今スーパーセール中!

幸服屋さん

 

 

ご意見・ご感想をお待ちしています。
お問合せ

 

 


テーマ: リーマン予想とは懸賞金について素数と規則性素数の謎素数の実用素数の研究

 

 

△トップペーに戻る

株式会社ユニティラボ


Copyright (C) 2009 リーマン予想の研究 All Rights Reserved.