リーマン予想の懸賞金|リーマン予想の研究

リーマン予想の研究

世界的な研究テーマ「リーマン予想」。ジャーナリストである私が20年以上研究し続けきたリーマン予想に関する思考を公開します。

リーマン予想の懸賞金

リーマン予想には懸賞金がある

リーマン予想は、現在の数学界でもっとも重要な難問と位置づけられています。
このため、この問題には、懸賞金のほか、数々の栄誉がもたらされることになります。

 

 

一番有名なのは、クレイ数学研究所が00年から始めた7つの検証問題の一つに数えられており、これには100万ドルの懸賞金がかけられています。そのほか、リーマン予想を解いた人物にはそれ以上の副賞がつくことでしょう。なぜなら、リーマン予想は数学界最大の難問であり、素数、数の仕組みを知る上でもっとも重要な定理の一つと考えられているからです。

 

 

また、リーマン予想など整数論は一般の人でも挑戦できうる可能性があります。かつて、超難問として世界を騒がしたフェルマーは実はただの税理士で、その合間に数学を研究していました。このことからも分かるように、数学はだれにでも挑戦する権利を残しているのです。お金はいっさいかかりません。

 

必要なのは、「知らないことを知ろう」という勇気だけなのです。

 

 

どのような動機でもかまいませんが、この難問に取り組むとき、前任者たちはあまり参考になる道しるべを残していません。それゆえ、この懸賞問題を非常に難しくしているのです。

リーマン予想の懸賞金に関連する記事

リーマン予想の懸賞金
リーマン予想の懸賞金は100万ドルです。しかし、このリーマン予想を解いた人物は間違いなく数学界のノーベル賞といわれるフィールズ賞約400万円も受賞することが可能でしょう。またこの他、数学界最大の賞金額の賞金600万ノルウェークローネ、約1億円を得ることが出来るでしょう。つまり、リーマン予想を証明した人物は「数学界、人類史上最大の英知の一人」と数えられるだけでなく、2億円近い懸賞金を手にすることが出来るのです。このため、この問題に取り組む人は、もちろん懸賞金が大きな動機のひとつになっています。また...
リーマン予想がもたらす各賞
リーマン予想を証明した人物にはクレイ研究所の懸賞金、フィールズ・アーベル賞以外にも各賞を受賞する可能性が多数あります。勿論、日本国内であれば全ての数学各賞を独占するだろうことは簡単に予想できます。そのほか、4年に1度、受賞者には金メダルと賞金が授与される「ガウス賞」、計算機科学における優れた数学的貢献をなした研究者に贈られる賞「ネブァンリンナ賞」、5年に一度、数理論理学における最も卓越した論文・著書に対し贈られる「キャロル・カープ賞」、賞金50万ドルの「クラフォード賞」があり、スウェーデン王立科...
リーマン予想とフェルマーの法則
20世紀最大の数学の難問といわれた問題に「フェルマーの最終定理」がありました。これは、リーマン予想のことを考えるとき、この定理についても考察することは重要なことでしょう。 フェルマーの最終定理とは「3以上の自然数 n について、xn + yn = zn となる 0 でない自然数 (x, y, z) の組み合わせがない」という、非常にシンプルな命題なのです。これは、リーマン予想のシンプルさと非常に似ています。このフェルマーの最終定理でn=2のときに考えてみましょう。N=2のとき、非常に有名な公式が...
リーマン予想に懸賞金がかけられる意味
リーマン予想に懸賞金がかけられる意味は多数あります。もっとも簡単な動機は「これほど簡易な命題をなぜ、天才数学者たちが解けないのか?」という、数学者の意地のようなものがあるはずです。その一方、科学の進歩、数学の進歩に寄与する可能性は莫大にあります。「数の根本的な数、素数についての画期的な法則の証明」となることは間違いないことです。それゆえ、整数論を目指す数学者なら、このリーマン予想にクレイ研究所が100万ドルの懸賞金をかけることについて妥当と考えるでしょう。 また、一方で懸賞金を堂々と示すことで「...

人気のプリントTシャツ工房「幸服屋さん」。只今スーパーセール中!

幸服屋さん

 

 

ご意見・ご感想をお待ちしています。
お問合せ

 

 


テーマ: リーマン予想とは懸賞金について素数と規則性素数の謎素数の実用素数の研究

 

 

△トップペーに戻る

株式会社ユニティラボ


Copyright (C) 2009 リーマン予想の研究 All Rights Reserved.